仙台で二重まぶた整形を行なってみました

埋没法が出来ないタイプのまぶた

二重まぶた | 仙台美容外科

幸い仙台に在住していたので、東北地方とはいっても大都市圏なので、全国展開している美容クリニックが色々、支店を展開しています。
そのおかげで大手のクリニックでの無料カウンセリングなどを幾つか利用しながら、自分にとって最適のクリニックが見つかるように暫くの間は奔走していたものです。
そこでようやくクリニックが決まったわけですが、次に問題になったのは手術方法は何を選ぶのかと言うことでした。
いくら綺麗にするためといっても顔にメスを入れるのは正直なところ、抵抗感が強かったので何とかきることの無い方法ができないものかと、主治医の先生とカウンセリングを重ねました。
当初は埋没法で御願いできないものかと希望を伝えていました。
それというのも埋没法なら糸で結び目をつくって数箇所を、まぶたを引っ張りあげるイメージなのでメスで切開する必要がなく、万が一失敗してもやり直すのは簡単と聞いていたからです。
ところが自分にはこの方法は向いていないとの説明です。
はじめは納得行かない部分もあったので、色々と質問をしてみましたが、どうやらまぶたの肉が分厚いためにリフトアップするには限界があり、無理やり止めても糸が外れてしまう可能性が高いとの説明に納得せざるを得ませんでした。
そこで切開法による二重まぶたの整形手術を受けることに決定しました。

腫れぼったいまぶたで損をしてた埋没法が出来ないタイプのまぶたダウンタイムが終わった時の感動!