仙台で二重まぶた整形を行なってみました

ダウンタイムが終わった時の感動!

腫れぼったいまぶたで損をしてた埋没法が出来ないタイプのまぶたダウンタイムが終わった時の感動!

ただ切開法はまぶたのはれが少し続くとのことだったので、連休と有給休暇を連続してとるようにして、手術予定日を設定してもらったわけです。
手術そのものは麻酔を行なうのでいたみを感じることは全く無く、30分ほどで終了になったのには拍子抜けしたほどです。
麻酔がきれると少しピリピリした感覚が残りましたが、クリニックで処方された鎮痛剤を服用すれば十分乗り切れるレベルでした。
手術当日はさすがにまぶたがかなり腫れました。
その後も3日くらいは腫れなどのダウンタイム症状が継続したものの、うまく休暇期間中におさまったので抜糸する1週間経過するころにはかなりまぶたがスッキリしてきたわけですが、そのときに鏡で確かに二重まぶたのラインがくっきり出来上がっているのには嬉しい驚きでした。
決して費用も安かったというわけにはいきませんでしたが、今では鏡を見てメイクするのが楽しみになっています。
こんなことならもっと早く受けておけばよかったと思っています。