仙台で二重まぶた整形を行なってみました

腫れぼったいまぶたで損をしてた

腫れぼったいまぶたで損をしてた埋没法が出来ないタイプのまぶたダウンタイムが終わった時の感動!

はれぼったいまぶたのおかげで目つきが悪くみえたり、あらぬ誤解を受けることが学生時代から良くありました。
生まれつきの顔の動作の出来不出来のおかげで、色眼鏡で見た目だけでなく人格まで先入観をもたれるのは、正直困った経験があります。
おかげで異性との付き合いにも積極的になることができず、せっかく出来た彼氏も、少しの知れ違いや勘違いで、いつの間にか自然消滅してしまったり、別れを切り出されることがしばしばありました。
就職して社会にでてみると、人は見た目で判断するのが一層多くなるものだと分かりました。
アイプチなども試してみましたが、まぶたのボリュームが大きいのか、かなり多めに使用しても、思ったようなラインをまぶたに入れることが出来ません。
しかしスッピンで人前に出るわけにも行かないので、毎朝早起きしてメイクに時間をかける毎日を送っていたわけです。
仮にこのままコンプレックスを抱えていても、自分にとってプラスになるものはないとある日から考えるようになりました。
そのきっかけになったのは、ネット広告での整形手術の前後の変化を示した写真を目にしたときです。
自分に似たような外見の方が手術後にきれいな二重まぶたになっているのに正直驚きました。
それと同時に希望も持てたので、思い切って自分も挑戦してみようと決心したわけです。