日頃の生活を送る上では様々な出費に対応していかなければなりません。それは生活費や食費などの最低限必要なものの不足かもしれませんし、または趣味や交遊のための出費、さらには怪我や病気、冠婚葬祭に伴うお金の必要性に応じたものであることも多いでしょう。何れにしてもこの緊急時にお金を埋め合わせる上では消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンを活用するのが便利です。

とりわけカードローンは一枚の個人カードを作ってそれを携帯することで、お金が必要になった時には近くのATMにさっと立ち寄って希望額を引き出すことが可能となります。限度額の範囲内であればいくらでも、何度でも引き出したり返済することができるので個人でやりくりを行う上ではとても利便性に富んだ金融サービスです。

ただしカードローンの利用のためには然るべき審査をクリアする必要があります。中でも重要なのが在籍確認です。これは申請時に記載した勤務先に担当者が直接電話をかけ、本人の在籍の有無を確認するというもの。申請者の中にはこれらの勤務先名や連絡先をでっち上げて申し込む人も多く、そうなると年収などの情報も全て虚偽ということになり正当性が根底から失われため、その信用度を担保する意味でも在籍確認は必要なのです。

ただしこの在籍確認は極めて簡単な確認作業でもあります。会社の代表番号に電話をかけ、申請者に通話をつなげてほしいと依頼した時の相手の対応次第ですぐに確証が取れれば完了しますし、この時には会社名や借金サービスの名称などを伝えることもありません。会社の同僚にも決してばれることなく手続きできるので安心です。