カードローンの審査は、通常収入とブラックのあるなしに一番の重きを置かれます。ブラックは、ローンを3回続けて滞納した場合、あるいは債務整理をした場合に、5年間その人の信用情報に登録されます。また自己破産の場合は、銀行系の信用情報機関では、10年間の登録となります。ブラックがある間は、審査に通ることが難しくなりますので、5年ないしは10年が経過するまで、カードローンの申込は実質できないことになります。
しかし中には、ブラックokという業者もあります。主に中小の消費者金融の場合は、ブラックがあってもお金を借りることができます。しかし金額は少なめになり、上限が数十万円というところもありますが、とりあえずお金がほしいという時には、そういった業者を利用するのがお勧めです。また、大手であってもブラックokの所もあり、最初は5万円程度からの取引ですが、利用と返済をきちんと繰り返していると、段々使用可能な枠を広げてもらうことができます。
しかしブラックokのカードローンには、闇金が紛れているので要注意です。闇金は違法ですので、高金利で貸付を行い、返済できない時の取立ては、かなり厳しいものです。職場や自宅に来たり、一日中督促の電話を、それもかなり激しい言葉でかけて来ます。
ブラックがあっても多額の融資をするなどという所は、大抵この闇金ですからやめるようにしましょう。しかし、もし闇金を利用した、あるいは申込んだことがわかった時は、専門の弁護士に相談するのがお勧めです。また闇金は違法なので、借りたお金の返済義務はありません。