はじめてのカードローン審査には誰しも不安がつきものです。
カードローンの申込みを行う前に、借入審査についての基礎知識をしっかりと身につけておきましょう。

カードローンの審査には以下のような種類と段階があります。
それぞれの特徴を知っておくことで、申し込み準備もしやすくなります。

借入診断

キャッシング会社の審査基準とは
簡易審査やお試し診断などと呼ばれることもあり、インターネットを使い年齢などの入力項目だけで、わずか数十秒とスピーディに融資の可否を診断してくれます。
入力する内容には個人を推測できる情報は一切含まれず、個人信用情報の照会もありません。

収入や他社の借入件数などを元に判断を行いますが、この診断で融資可能という結果が出ても、実際の借入審査に通過するとは限りません。
あくまで借入れを検討する際の目安というふうにとらえましょう。

パソコンだけでなくスマホでも操作可能なので、自分がカードローンで借りられそうなのかを知りたいという人は、まず借入診断を試してみるとよいでしょう。

仮審査

実際に申し込みを行うと申込書の内容を元に、コンピュータでのスコアリングや個人信用情報の照会が行われます。

年収や勤務状況などから見た返済能力や、金融履歴上での問題の有無などから信頼性をはかり、最終的に人の判断により融資の可否や利用限度額が決定します。

仮審査を通っても本審査において審査落ちする可能性もあります。

本審査

本審査では本人確認書類の提出が求められます。
人による本人確認書類のチェックにより申込内容に相違がないかを確認する作業になります。
この段階で申込書の不備や虚偽内容が明らかになると信用が無くなり審査落ちしてしまうケースもあるので、最初の申込書を準備する際に細心の注意をはらう必要があります。

最終的に本審査に通過すると融資可能となり契約にうつります。
本人確認書類を提出することで、本審査の進行と同時に契約手続きが行われることになります。

カードローン審査のまとめ

  • 借入れ診断は個人情報なしで融資可否の目安が分かる
  • カードローン審査は仮審査→本審査の段階で進む
  • 仮審査では申込内容と信用情報を元に、コンピュータと人によるチェックが行われる
  • 仮審査に通過しても本審査で落ちる場合もある
  • 本審査では本人確認書類をチェックしながら、さらに入念な確認作業が行われる
  • 申込書の記入ミスや虚偽申請は審査に不利になるので要注意
  • 本人確認書類の提出が契約手続きを兼ねる

サイトタイトル:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集!!
・http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html
収入のない主婦でも借りられる銀行のカードローンが知りたい方におすすめのサイトです。
キャッシング会社の審査基準や審査落ちを防ぐ方法を知ることができるのではじめてお金を借りる方必見です。